First COLLECTION AKO

Excavation Nippon 「日本の忘れモノ」を再び。

大量生産・大量消費・大量廃棄の時代が続く中、私たち日本人はモノづくりの本質を見失ってしまったように思えます。つくる側・つかう側双方が、モノへの愛着を忘れているのではないでしょうか。それは、つまり日本文化の喪失といっても過言ではないと思います。GRAfts-グラフツは、そんな「日本の忘れモノ」を取り戻したいと考えています。さまざまなモノづくりの現場や流通シーンにおいてモノに対する審美眼を磨き続けてきたグラフィックデザイナーが今や置き去りにされ忘れ去られようとしている日本の伝統美を発掘し、日本が誇る職人や老舗企業とコラボレーションすることで日本文化のよみがえりにチャレンジしてまいります。

Graphic Design+Crafts=GRAfts

In an era of continuing mass production, mass consumption, and mass disposal, we Japanese seem to have lost the true nature of craftsmanship. Both those who make things and those who use them have lost attachment to things, haven’t they? It’s not too much to say that it’s loss of Japanese culture. We at GRAfts hope to retrieve “the thing that the Japanese lost”. In various scenes of craftsmanship and distribution, a graphic designer who has kept developing appreciation for beauty try to make the Japanese culture reborn, by discovering traditional beauty of Japan and collaborating with the craftsmen and the time-honored companies that Japan is proud of.

Philosophy

Life is Full of Beautiful Story.

物語を持つモノは美しい。

GRAftsが生み出すモノたちには、コレクションテーマに沿った物語が息づいています。
物語は、つくり手の想いや願いと使う人たちの気持ちが幾重にも織り重ねられて生まれます。
物語は、モノたちに美しい意匠を与え、それらを手にする人たちに感動を巻き起こします。
そして、物語は時空を超え、幾世代にもわたって語り継がれていく文化そのものです。
マスプロダクトで忘れ去られた物語=文化をひとつひとつの意匠に込めて、
長く愛され、世代を超えて、使われ続けるようなモノづくりを再びはじめたいと考えています。

Each thing GRAfts creates has its own story relevant to the theme. The stories develop as the craftsmen’s thoughts and wishes and users’ thoughts are mixed together. The stories give the things beautiful designs and inspire the users. And the stories are the culture per se that are passed on, across time and space, from generation to generation. We hope to revitalize the craftsmanship to make things to be long cherished and used beyond generations, with designs based on the stories, or culture, that have been lost in mass production.